〜 其の一 FELA KUTI の巻 〜

Mixcloudロゴ
IZUI's Mix CD Sound Data
まずこのコーナーのタイトルの説明からさせてもらいます。
私はレコードを聴くときジャケットはあまり見ない。そのため曲目は全く覚えないし、アルバムのタイトルすら覚えてないものがたくさんある。そんな私なんでジャケ違いの同じレコードを買ってしまうことが、たびたびある。普通、特集というとディスコグラフィーや、プロデューサー、参加ミュージシャンなどがリスト・アップされてるのが普通である。でも、タイトルすら知らない私が、参加ミュージシャンやレーベルなど知ってるはずがない。だからそういうデータ的なものを作成する能力は私にはない。したがって、ただ自分が持ってるレコードの、自慢のコーナーになってしまう可能性が濃いということを前もってお断りしておきたい。で、このタイトル「どこが特集やねん!」ちゅうことです。
偶然にもこの特集をアップした日にフェラ・クティは他界しました。逆に彼の存在感や、彼の音楽がどれほど私に必要かということは、日増しに大きくなっていくようです。この特集を、私に勇気と希望とパワーを与えてくれたフェラ・アニクラポ・クティに捧げます。
というわけで、第一回目はキング・オブ・アフロ、フェラ・クティだ。
まず最初にお断りしたいのは、このおっさんはフェラ・クティであって、決してガッツ・石松ではないということだ。その時々でフェラ・アニクラポ・クティ、フェラ・ランサム・クティ、バンドも、アフリカ'70、エジプト'80などと名前を変えるが、しかし、断じて、ガッツ・石松を名乗ったことは一度としてない!ということを胆に命じて読み進んでほしい。
60年代末、マルコム・Xから多大な影響を受け、そのころアメリカで盛り上がるファンク・ミュージックの影響も受けながら生まれたのが、アフロ・ビートだ。アルバム?には、片面に1曲か2曲しか入っていない。短い曲で7〜8分、長いものは15分にも及ぶ。私が初めて聴いた曲、「ゾンビ」は12分以上の曲だ。でも長いとは思わなかった。もっと聴きたいと思ったほどだ。次々に重ねられていく楽器が複雑なポリリズムを生みだし、背骨がグルーヴし始める。それだけでは、ただのダンス・ミュージックと同じだ。フェラ・クティのレコードには彼の魂が込められている。政府の軍隊に母を殺され、数回におよぶでっち上げ逮捕と投獄。そんな彼の想いとエネルギーが強烈なグルーヴに乗って伝わってくる。戦いの音楽だ。
ナイジェリア、レゴスにあるナイト・クラブ、シュライン。週2回のペースで行われるライブは4時間以上にも及んだらしい。1年、2年と演奏した曲を彼はレコーディングした。そして、レコーディングした。曲は2度とライブではやらなかったそうだ。ライブ・ビデオが何本か出ているので、興味のある方は見てみてください。バック・ダンサーの女性達がまた強烈です。
フリー・ソウルのように軽く聴き流せるようなたぐいの音楽ではありません。かなり重たいです。でもあなたが、世間体に縛られ、ストレスに押し潰されそうになった時、フェラ・クティの音楽を聴いてみてください。精神は解放され、パワーを与えてくれるはずです。
2014年9月追記
アフロビートはフェラ・クティが生み出した音楽で、フェラ・クティだけの音楽だ。
アフロビートを演奏出来るのはフェラ・クティと彼のバンドだけ。
アフロビートを名乗るバンドは数多くいるが、ひいき目に観てもアフロビートなのはフェラ・クティのカバー曲くらいで、オリジナルになればなるほどアフロビートとはかけ離れていく。リズムパターンや楽器構成だけを真似ても、アフロビートというには程遠い。せめてアフロファンクというような呼称を使って欲しい。
アフロビートは紛れも無くファンク・ミュージックだ。アフリカ音楽やワールドミュージックでは断じてない。地域だけで他のアフリカ音楽と一括りに聴いてる人には永遠にフェラ・クティもアフロビートも理解出来ないのではないでしょうか。理解する必要は無く、感じればいいのですが。本質を理解するには聴き方を変えてみるのもいいと思います。
JACKET
ZOMBIE / FELA AND AFRICA 70
77年作。フェラ・クティが一番脂の乗りきっていたのが、70年代中頃ではないだろうか。その中でも個人的には最高傑作に上げたい。アフリカ音楽に分類されることもあるが、このレコードに内包されたものは、まぎれもなくファンクだ。人種や言語の壁を超えて、作者(演者)のテンションが伝わってくる音楽は確実にある。耳で聴くな!頭で考えるな!
JACKET
LIVE ! / FELA RANSOME-KUTI AND THE AFRICA '70 WITH GINGER BAKER
ジンジャー・ベイカーを迎えての71年のライブ。トニー・アレンとのツイン・ドラムから繰り出されるグルーヴは凄まじい。これもフェラ・クティの傑作に数えられる一枚。
JACKET
EXPENSIVE SHIT / FELA RANSOME KUTI & AFRICA 70
フェラ・クティを麻薬容疑でデッチ上げるため、警官が隠し持ってきた麻薬を、フェラ・クティは食べてしまった。警察は、その排泄物を証拠品にしようとしたが、それもうまく隠滅。その経験から生まれたのが、75年発表のエクスペンシブ・シット(高価なクソ)。警察をコケにした問題作。
JACKET
MUSIC OF MANY COLOURS / FELA ANIKULAPO KUTI AND ROY AYERS
80年発表のロイ・エアーズとのセッション・アルバム。フェラ・クティのアルバムにしては、かなりクール。ロイ・エアーズのビブラフォンのせいでしょうか。アフリカ・センター・オブ・ザ・ワールドはロイ・エアーズが自分のアルバムでも演ってます。そちらの方も必聴。
JACKET
SHAKARA / FELA AND THE AFRICA 70
72年、フェラ・クティが34才の時の作品。この時期すでに独自の音楽性を完成させている。執拗なまでに繰り返されるリズムが精神を覚醒する。あなたがファンク好きじゃなくても、音楽好きならば、この高揚感と興奮を体験してみてください。
フェラ・クティのアナログ盤はあまり出回っていないし、人気盤は値段も高い。再発のアナログ盤は何枚か出てますし、CDはかなりの数で再発されてます。ビクターからも93年に、2 IN 1のようなかたちで10枚まとめて再発されてます(廃盤になったかどうかは未確認)ので、是非聴いてみてください。ご質問、ご指摘、フェラ・クティ情報などお待ちしています